ハムのDisneyフォトライフ!

カメラとディズニー、たまに音楽。

一眼カメラのファインダーの違い!光学?電子?初心者にもわかりやすく解説

一眼レフのファインダーの違い!光学?電子?初心者にもわかりやすく解説

こんにちは!

一眼カメラのファインダーには違いがあること、知っていますか?

 

実はカメラ選びにも関わってくるところなので、知っておいたほうがいいですよ!

 

今回は「ファインダー」の違いについてお話していきます!

あわせて、どんな人にどっちのファインダーが良いのかもお話していきます!

 

一眼カメラのファインダーの違い!光学?電子?初心者にもわかりやすく解説

ファインダーの違いを図解

ミラーレス一眼の中にはファインダーが付いていないものも。

一眼カメラのファインダーは2種類あります。一つは「光学ファインダー」で、もう一つは「電子ビューファインダー(EVF)」。

 

さらにいうと、一眼レフカメラのすべてに付いているのが「光学ファインダー」。一部のミラーレス一眼に付いているのが「電子ビューファインダー(EVF)」です。

つまり、カメラによって付いているファインダーが違い、

  • 光学ファインダーなら、一眼レフ
  • 電子ビューファインダー(EVF)なら、ミラーレス一眼
  • ただし電子ビューファインダーが付いていないミラーレス一眼もある

ということです!

 

 

≪こちらも参照≫一眼レフとミラーレス一眼の違いとは!?図解でわかりやすく解説【超初心者向け】 - ハムのDisneyフォトライフ!

一眼レフには光学ファインダー!

一眼レフには光学ファインダー

ここからは、それぞれのファインダーについて深堀りします。

まずは「光学ファインダー」から。

 

このファインダーは一眼レフについているものです。

上図を見てください。

レンズから入ってきた光はカメラの中(ミラー・ペンタプリズム)で跳ね返り、この光学ファインダーに届くのです。

 

とにかく

「景色がリアルタイムで届く」と思ってください!

 

タイムラグがない!?

上図には「タイムラグが無い」と書きました。具体的に説明します。

 

  • 光学ファインダーはミラーから反射した、そのままの景色が見えます。
  • なので、見える景色が実物より遅延はありません。

 

鏡に映る自分の動きが遅れて見えることはありませんよね?それと同じことです。

「それじゃあ電子ビューファインダーにはタイムラグがあるの!?」と思ったあなた、正解です。詳しくは次の章で解説します!

動きモノを撮るなら光学ファインダーがおすすめ

以上のように

光学ファインダーはリアルタイムで撮影できるので、いわゆる「動きモノ」に強いです。

野鳥や電車、ショーのダンサー。運動会で活躍する我が子。

「シャッターチャンスを一瞬たりとも逃したくない」という方には光学ファインダーを搭載した「一眼レフカメラ」がおすすめです。

ミラーレス一眼には電子ビューファインダー!

ミラーレス一眼には電子ビューファインダー

さて、次は「電子ビューファインダー(EVF)」についてです。

まず、電子ビューファインダーは

  • ミラーレス一眼に付いているものであり
  • 付いていないものもある

ということに注意してくださいね。

 

それを踏まえて上図を見てください。

ミラーレス一眼には一眼レフのようなミラーが無いので、ファインダーに景色を映すには電子的な映像として処理する必要があります。そうやって映し出される映像を見ることができるのが、電子ビューファインダーなのです。

 

「よくわからん」という方は、ファインダーの中にテレビがあるようなものだと思ってください!

 

そして、映像処理のぶんだけ、見える映像に遅延が生じるのです。

とはいえ、最近の機種は遅延がほとんど目立たなくなってきたようです。

 

電子ビューファインダー(EVF)のいいところ

電子ビューファインダーには、「構造上の問題で光学ファインダーを搭載することができないミラーレス一眼にもファインダーを搭載しよう!」という意図があります。遅延というデメリットを抱えながらも、どうしてファインダーを搭載したのか。

それは、光学ファインダーには無いメリットがあるからです!

 

電子ビューファインダーのいいところは以下の通り

  • 太陽光に強い
  • 仕上がりを確認しながら撮れる

 

小学校でこんなこと習いましたよね?

「虫眼鏡・レンズで太陽を直視してはいけません。」

一眼カメラのレンズで太陽を直視したら大変なことになります。

しかし電子ビューファインダーなら、処理された映像を見るので、目に影響はありません!これは電子ビューファインダーの強みです。

 

また、電子ビューファインダーでは映像処理のおかげで、仕上がりと同じ映像を確認しながら撮影することができます。初心者に多い「白飛び・黒つぶれ」も撮る前に修正できますね!

 

 

≪マニアックな話≫

仕上がりを確認しながら撮れるというのは一眼レフにもある「ライブビュー撮影モード」でもできますが、これは背面の液晶モニターを使います。なので、ファインダーを使って「撮りたい景色に集中する」ことができません。

「ファインダー×仕上がりと同じ映像」という組み合わせができるのも、電子ビューファインダーのメリットともいえるでしょう。

動きモノを撮らないならば、電子ビューファインダーでOKです

「動きモノはそんなに撮らないつもり」という方には

電子ビューファインダーを搭載した「ミラーレス一眼」がおすすめです。

というのも、光学ファインダーを積んでいる一眼レフは重いです。それに比べて電子ビューファインダーを積んだミラーレス一眼は軽いです。

 ※上部にあるリンクも参照してくださいネ

 

≪ひとことメモ≫

「自分の目が光に弱いから」という理由で電子ビューファインダーを選ぶ方もいるそうです。カメラを選ぶ理由は人それぞれですね('ω')

 

注意点

念のため書いておきますが

注意してほしいことがひとつ。それは

 

「電子ビューファインダーが付いている一眼レフ・光学ファインダーが付いているミラーレス一眼はない」ということです。

 

ミラーを排除したことで光学ファインダーを搭載できなくなってしまったミラーレス一眼のために電子ビューファインダーが付いているようなものですからね。

 

念のため書いておきました。

「ファインダーの違い」まとめ

まとめ

まとめます。

 

  • ファインダーには2種類あって「光学ファインダー」と「電子ビューファインダー(EVF)」という
  • 光学ファインダーは「リアルタイム」だが太陽光に弱い
  • 電子ビューファインダーは「遅延が発生」するが太陽光に強い
  • 動きモノを撮るなら光学ファインダー(一眼レフ)
  • それ以外なら電子ビューファインダー(ミラーレス一眼)

 

こんなところでしょうか。カメラ選びのご参考になれば幸いです。

関連記事

一眼レフとミラーレス一眼の違いはこちら(記事中のリンクと同じです)

www.disney-photolife.com

一眼レフとミラーレス、どっちがいいの?という方へ

www.disney-photolife.com