ハムのDisneyフォトライフ!

カメラとディズニー、たまに音楽。

一眼レフ持ってるなら曇りの日にポートレート撮るべし【初心者必見】

一眼持っているなら曇りの日に写真撮れ

こんにちは。

 

曇りの日ってなんだかどんよりしていて写真を撮る気分にならないですよね。

 

しかし!それはとっても損なのです!人生の半分くらい損してます!

 

曇りの日こそ写真を撮るのです!

特にポートレートとの相性はバツグンです!

今回は「曇りの日に写真撮ろうと思ったことない」方や

「曇りの日の写真の撮り方を知りたい」という方のために、

曇りの日の撮り方を解説していきます!!

 

スマホでも実践可能ですよ!

一眼レフ持ってるなら曇りの日にポートレート撮るべし

 一眼持ってるなら曇りの日こそ写真、特にポートレート(人物撮影)に挑戦するべきです!

 

特に薄曇りくらいの日は最高です!

まずはその理由を解説します

曇りの日の特徴【いいことだらけ】

曇りは写真を撮るにあたって好都合なコンディション。

いいことがたくさんあります。

曇りの日に撮れる写真は一言でいうと「ふんわり」なのです。

 

どうしてふんわりするのでしょうか?

以下で解説します。

影が出にくい

曇りの日って影が出ないですよね。

晴天の下で写真を撮ると、顔に影ができてしまいますが、

 

曇っていると影が出にくいのでふんわりした印象になります!

 

次の写真をご覧ください。

曇りの日は影が出にくい

右の写真のほうが影が少ないです

左は晴天、右は曇天下で撮ったもの。

特に鼻の下を見てください。左のほうが影が少ないですよね!

 

ではどうして影が出にくいのでしょうか?

光が柔らかい

曇りの日は光が柔らかいです。どういうことかというと、

「太陽光が雲で拡散する」ということ。

これが影が出にくくなり、ふんわり仕上がる理由です。

 

また、晴天時は直射日光が強いので被写体は目を細めがちです。だって眩しいですもの。

おめめはパッチリした写真を撮りたいですよね!

それなら曇りの日がおすすめです!

 

コントラストが低い

コントラストが低いとは、明暗の差が少ないということ。

晴天下で撮ると、背景が明るすぎて被写体が暗くなってしまうことが多々あります。

影も多くなり、被写体の明るい部分はかなり減ってしまいます。。

 

曇りの日ならコントラストが低く、

均一な明るさになるのでとっても撮りやすいです!

曇天ポトレ・撮影のコツ

曇天ポトレ・撮影のコツ

ここからは実際に撮影する時のコツです。

 

全然難しくないので、初心者の方は必見です!!

 

絞り優先モード(Av・Sモード)で撮る

モードは絞り優先で。

曇ってる日・昼間・屋外という条件を想定していますから、

絞りとISO感度だけ設定できれば良いです。

もちろんマニュアルでもよいですが、

慣れないうちは失敗しやすいので絞り優先モード(Av・S)が良いでしょう!

 

絞り優先で「暗すぎるなあ」「明るすぎるなあ」と思ったらマニュアルで調整。そんな感じのスタンスでいきましょう。

※曇っていても、ディズニーのショーやパレードなど、動く被写体を撮るときはシャッター優先です

 

極論、ここは自由ですが、

 

設定とかよくわからない人は「絞り優先」で撮りましょう

 

というニュアンスです。

ISO感度は400~800が目安

 

ISO感度は400以上が良いでしょう。曇りの日は光の量は少ないです。

 

これは曇り具合や時間帯によってけっこう変わってきます。

≪ISO感度の目安≫

1.薄曇り・昼間⇒400くらい

2.薄曇り・夕方⇒800くらい

3.雲厚め・昼間⇒800くらい

4.雲厚め・夕方⇒1600くらい

といった具合でしょうか。

ホワイトバランスは「曇り」

ここはお好みですが、

基本的には「曇り」にしておくと◎

 

「曇り」にすると温かい雰囲気になります。

 

とりあえずいろいろ自分でいじってみるのが良いかと思います。

 

なぜならホワイトバランスの感覚が養われるからです('ω')ノ

背景に曇り空は入れない

最後に構図的な話をします。ここはスマホのカメラでも応用できると思います。

曇りの日にポートレートを撮るときは、背景に曇り空を入れないほうがいいです。

ポートレートに向いてるとはいえ

背景に曇り空が入っていると、

どうしてもドンヨリした雰囲気が出てしまいがち。

個人的な感覚かもしれませんが、背景に曇り空は入れないほうがいいかも。

 

では何を背景にしたらよいのか?

背景選びについては別記事があるのでそちらを参考にしてみてください('ω')ノ

一眼レフ初心者は「背景の切り取り」を習得しよう【すぐにわかります】

まとめ。今すぐ撮りに行こう

今回は

「曇りの日にはポートレートに挑戦せよ」

というテーマで解説しました。

 

繰り返しますが、曇天は写真を撮るにあたって好都合なコンディションです。

 理由は簡単。

「光が拡散して、写真がふんわりするから」

です。

ね、簡単でしょう?

 

 最近天気よくないですよね、梅雨ですし。

ぜひあなたも、曇った日に写真を撮りに行ってみてください!

スマホでもOKです!

関連記事

 逆光だからって写真撮るのを避けていませんか?

www.disney-photolife.com