ハムのDisneyフォトライフ!

カメラとディズニー、たまに音楽。

Canonの最新フルサイズミラーレス一眼EOS RP【初心者向け 比較】

Canonの最新フルサイズミラーレス一眼EOS RP【初心者向け 比較】

https://cweb.canon.jp/eos/lineup/rp/

こんにちは。

2019年3月に発売された

Canonのフルサイズミラーレス一眼、

EOS RP」。

はたしてどんなカメラなのか、

どのレベルのユーザーを想定しているのか。

 似たような名前で

「EOS R」なんてのもありますが、

いったい何が違うのでしょうか!?

 

また、「EOS RPは

「フルサイズ」×「ミラーレス」という

比較的新しいジャンルの一眼カメラ。

果たしてこのカメラは「買い」なのか!?

Canonの最新フルサイズミラーレス一眼EOS RPは買うべきか【初心者向け比較】

 2019年の3月、

Canonの最新フルサイズミラーレス一眼である

「EOS RP」が発売されました!

結論から言うと、

「費用に余裕がある初心者にはおすすめ!」

です!

以下で理由を述べていきます。

 

EOS RPの仕様・特長

EOS RPの仕様・特長

まずはEOS RPがどんなカメラなのか、見ていきましょう。

フルサイズ一眼として十分なスペック!

  • センサーサイズはフルサイズ
  • 重量は485g(バッテリー等含む)
  • レンズマウントは「キヤノンRFマウント」
  • 有効画素数は2620万
  • バリアングル液晶モニター搭載
  • Wi-Fi対応
  • キットレンズ:「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」
  • 4K動画が撮れる

EOS RPの主な仕様はこんな感じです。フルサイズ一眼として十分なスペックを備えているといえるでしょう!あとでEOS Rと比較します!

 

EOS RP…軽い!安い!便利!【最重要ポイント】

  • 485gという軽量!しかも小さい!
  • サーボAF対応の瞳AF
  • 5軸の手ぶれ補正
  • 「クリエイティブアシスト」で簡単かつ上手に
  • 多重露光撮影できる
  • フォーカスブラケット撮影
  • HDR撮影も可能
  • フルサイズの中では格安!

EOSRPの大きな特長として「軽い・小さい」ということが挙げられます!

485gというのはフルサイズ一眼の中ではかなり軽いほうで、

一眼レフのエントリーモデルと同じくらいなのです!(たとえばEOS kiss X9iと同じくらい)。

フルサイズ一眼は500gや600gを超えるものが多いので、これは大きな特長と言えます!

最近話題の「瞳AF」もバッチリ搭載です。

しかもサーボAFに対応しています!

サーボAFとは、簡単に言うとピントの追尾機能のこと。シャッターボタンを半押ししている間、被写体にピントを合わせ続けてくれます。動く被写体を撮るときには必須の機能です。つまり、動く被写体の瞳を逃さずキャッチできるのです!

※初期設定の場合、カメラに近いほうの瞳にフォーカスするようになっています。

 

手ぶれ補正もハイスペック。通常キヤノンのカメラのボディに手ぶれ補正機構は無く、レンズにしか搭載されていませんが、このEOS RPはボディに3軸の手ぶれ補正を搭載。レンズと合わせて5軸の手ぶれ補正を実現しています!夜景を撮るときなどに重宝しそうですね!

 

フルサイズデビューしたい初心者向けの機能も充実。「クリエイティブアシストモード」はモニターで仕上がりを確認しながら撮影できるというもの。「多重露光」は2~9枚の画像を重ねて撮影できるというものです。「フォーカスブラケット撮影」では、連写時、動く被写体にカメラが自動でピントを合わせてくれます!さらに専用アプリで合成・編集ができます。

 

HDR撮影もできます。これは露出の異なる写真を連写して合成し、露出の差が少ない1枚を作り出してくれるというもの。iPhoneにも搭載されていますが、逆光時などはとても助かる機能です!

 

さらになんとこのEOS RP、フルサイズ一眼の中では破格の安さ「価格.com」では最安値が14万円を切っています

同じフルサイズミラーレスでは20万円前後、またはそれ以上のものがほとんどなので、14万円を切るEOS RPはまさに破格です!

 

EOS RPとEOS Rの比較表

EOS RPとEOS Rの比較表


次に、EOSRPの上位モデルに位置付けられている「EOS R」との比較をしてみましょう。

  EOS RP EOS R
センサーサイズ       フルサイズ
大きさ 132.5㎜×85㎜×70㎜ 135.8㎜×98.3㎜×84.4㎜
重量(バッテリー等含む) 485g 660g
最高連写コマ数(/秒) 5コマ 8コマ
有効画素数 2620万 3030万
レンズマウント キヤノンRFマウント
最高シャッター速度(秒) 1/4000 1/8000
液晶ドット数 104万 210万
キットレンズ RF35mm F1.8 MACRO IS STM なし※
価格 13~14万(:ボディのみ)18万(:レンズキット) 18万

※ボディのみの販売のためキットレンズはありません。

 さて、注目すべきは重量、大きさ、価格です。

前述の通り、重量は200gも違います!大きさもRPのほうが高さ1.3㎝、奥行きは1.4㎝も小さいです!

さらに価格はRPのレンズキットとRのボディが同じくらいになっています!キットレンズもとっても使いやすいものが同梱されています(*^-^*)

 画素数はRのほうが3030万と多くなっていますが、

実は画素数が多いからと言っていい写真になるわけではなのです。単純に画素数だけじゃ比較できないのです。別の記事で解説します。

 また液晶のドット数ですが、あくまでも確認程度にしか液晶モニターは使わないのであまり気にならないでしょう。

 

EOS RPは買うべき:初心者におすすめ

EOS RPは買うべき:初心者におすすめ

 

 ここまでEOS RPの特長などを述べてきましたが、結局このカメラはどのようなユーザーにオススメできるのか。

ズバリ、初心者にはオススメできます!

 エントリーモデルのワンランク上の「ミドルクラス」に割り当てられているEOS RPですが、

フルサイズ一眼の中ではもっとも敷居が低く

コスパも良いのでフルサイズデビューしたいという方にはもってこいです(^^♪

 

逆に、すでにフルサイズ一眼を持っているが買い換えたい、という方にはオススメできるかというとビミョーな感じです。コスパは良いですが、秀でた機能も特に無いです。他のフルサイズ一眼も見てみるとよいでしょう。

EOS Rと比べてみると、EOS Rのほうが優れているといえる項目は

「最高シャッター速度」「最高連写コマ数」です。

アマチュア、初心者の方でも特に動きの激しい被写体を撮るという方はEOS Rを選んでも良いでしょう('ω')

 

まとめると、このカメラのターゲット層は

初めてのフルサイズミラーレスを安く買いたい人」です!

もちろん、そもそも一眼カメラ自体はじめて買う、という方もOKです(*^-^*)

最近はAPS‐Cサイズを買わずにいきなりフルサイズから一眼デビューする方も増えています!

Amazonだと1万くらい高くなっています。

 

関連記事

Canonが本気を出して作った初心者向けカメラです。要チェック!

www.disney-photolife.com